You are currently viewing バーチャルオフィス(仮想オフィス)で何ができる?メリット・デメリットを探ってみました

バーチャルオフィス(仮想オフィス)で何ができる?メリット・デメリットを探ってみました

リモートワークの普及により、バーチャルオフィスという言葉を耳にすることが増えました。

しかしバーチャルオフィスといっても人それぞれイメージが異なりますし、使用するツールによって使用できる機能が異なります。

それほど選択肢が増えた証拠でしょう。

今回はバーチャルオフィスの機能やメリット・デメリットを徹底解説!

バーチャルオフィスツールを上手に使いこなし、リモートワークを快適にしましょう。

アバターを動かすバーチャルオフィス!?最新型リモートワークツールとは

リモートワークの男女
https://pixabay.com/images/id-5585287/

バーチャルオフィスというと、レンタルオフィスを想像する人もいるのではないでしょうか。

しかし、最近ではPC内でアバターを動かしながらオフィスを再現する「バーチャルオフィス」が話題になっています!

今回はゲーム感覚でコミュニケーションがとれる、バーチャルオフィスの実態について確認してみましょう。

バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスとは、PC内に再現された仮想オフィスを指します。バーチャル空間でオフィスメンバーと仕事する際は専用ツールが必要です。

PC内で使用できる機能はツールによって異なりますが、仮想とはいえオフィスワークを体感できることが話題になっています。

PC上のアバターを使用したり音声・動画機能を使用したりして、バーチャルオフィス上でリアルタイムかつ気軽に、同僚と会話できるのが大きな特徴です。

ビデオカメラを使用すれば業務可視化にも役立つなど、リモートワークさまざまな課題をクリアできることでも知られています。

アバターを移動させたり、ステータス変更したりすれば、リモート環境にいながらオフィス出社が体感できるので、仕事とプライベート、オンオフの切り替えにも役立つでしょう。

バーチャルオフィスツールの特徴

ビデオ会議
https://pixabay.com/images/id-6365765/

バーチャルオフィスツールには、Webブラウザで機能するものと、インストールして使うものの2種類に大別されます。

またツールによって使用できる機能が異なるのも特徴です。

ボイスチャットや動画・音声ツールが使用できる簡易的なものもあれば、仮想オフィスを実際にオフィスのようにデザインしてアバターを在籍させるなど、ゲームに近い感覚で使用できるツールもあります。

基本的にバーチャルオフィスツールには以下の機能がそなわっています。

  • 通話機能(ボイスチャット/音声通話/ビデオ通話のいずれか)
  • ステータス確認機能(オンライン/オフライン/一時退席などのプレゼンス確認ができる機能)
  • 部屋機能(チャットルーム/アバター付き2次元・3次元仮想オフィスなど)

機能が高いツールでは、アバターを使用して相手に手を振るなど、視覚的なコミュニケーションも可能です。

POINT

一つの場所に皆が集まっている、という感覚がありながら仕事はリモート。いいとこ取りですね!

バーチャルオフィスの人気ツール

VRメガネ
https://pixabay.com/images/id-2229924/

バーチャルオフィスの人気ツールをいくつかご紹介します!

バーチャルオフィスツールはアプリやブラウザ版などの動作環境や機能も様々です。

以下の項目を参考に、どんなバーチャルオフィススーツがあるのか確認してみましょう。

Remotty(リモティ)

リモティ―はシンプルな作りが特徴のバーチャルオフィスツールです。

WEBカメラで撮影された写真が2分間隔でメンバーに共有され、人によっては抵抗があるかもしれません。

しかし、実際のオフィスでは人は常に動いており、席を外す人がいても気になりません。「そこにいて当たり前」ではなく、「そこにいなくても当たり前」です。

そのためRemottyは本当の意味で「オフィスで仕事している」感覚が得られるツールだと感じます。

メンバーのスケジュールが簡単にチェックでき、声かけのタイミングに悩むこともありません。

音声や画像データは必要なときだけ通信されるため、ネットワーク負荷が軽く済むのもこのツールのメリットです。

在籍確認や「ちょっと相談」に活用したい組織にピッタリのツールですね。

料金は1ユーザーごとに発生し、月額2,500円~(要確認)。無料トライアルの申し込みも可能です。

クラウドオフィスRISA(リサ)

PC上から3D空間のオフィスに出社できるバーチャルオフィスです。

アイコンや仮想部屋をカスタマイズでき、画面共有や声かけの気軽さで業務連携が取りやすいツールとして注目されています。

料金は月1万~3万円ほど(要確認)で、契約期間によって変動する仕組みです。初期費用がかからないのは嬉しいですね!

1契約で最大50名まで同じツールをシェアできます。

メタバースオフィス RISA(リサ)- 仮想空間ならではの体験がここに。

RISAは、これからの働き方や繋がりの形に向けた仮想オフィス(メタバースオフィス)です。「雑談が減った」「気軽に相談できない」「Web会議ツールやチャットツールは導入したが、コミュニケーションが不足している」「リモートワーク疲れを感じている」「上司と部下のコミュニケーションが減った」「相手の状況が分からず声かけしにくい」等、リモートワークでよくある課題を抱える企業への最適なソリューションです。RISAでは、バーチャルオフィス上にアバターが存在するため、在宅勤務であってもまるで出社しているような自然なコミュニケーションが生まれます。クラウドオフィスRISAは、貴社が目指す「場所を問わない働き方」「多様な働き方」を共に実現いたします。

oVice(オヴィス)

オヴィスは、まるで隣に人がいるような感覚で同僚と気軽にチャットができる2次元バーチャルオフィスです。

実際にアバターを動かして2次元のオフィス内を歩き回れるのも、ゲーム感覚で楽しめるポイントです。

アバターの向き(矢印あり)を話し手に向けると、声がはっきり聞こえるというリアルさに驚きますね!

ホームページからデモ体験や無料トライアルの申し込みができ、求める機能と合致するか契約前に確認できます。

料金も月5,500円~55,000円と、接続数が少なければかなりお手頃価格でスタートでき、最大500人接続可能なプランも無料体験OK。

大規模イベントや会議などにも適しています。もちろん単発利用もできますよ!

oVice – Business Metaverse Figma.logo

となりで話しているような、バーチャル空間を。 人を近くに感じられるから「ちょっといい?」と簡単に声をかけられます。

VoicePing

個人事業主で小規模のバーチャルオフィススペースを利用したいという人はVoicePingがおすすめです。

5名までなら、永久無料でツールが使えます!

自動議事録作成や自動音声翻訳機能もついているため、外国人との会議でも役立つツールですね。

6名以上の利用でもスモールプラン7,500円/月(15名まで)・プレミアムプラン20,000円/月(50名まで)と手頃な費用も魅力です。

テレワークの生産性を最大限に高める仮想オフィスツール – VoicePing 2.0

Hyper Productive Workspace for Remote Teams – Empower Remote Team Productivity

バーチャルオフィスのメリット

タブレットを使う人
https://pixabay.com/images/id-1718099/

バーチャルオフィスツールの使用には、さまざまなメリットがあります。

  • 仕事状況を可視化ができる
  • 生産性向上に役立つ
  • メンバーのステータス確認がタイムリーにできる
  • 離れていても密なコミュニケーションが可能
  • 画面共有機能でリモートでも複数人での連携作業がしやすい
  • 実際にオフィスに出社している気分になる
  • 孤独感を解消できる
  • リモート環境下での出欠確認がしやすい

バーチャルツールを使用すると、メンバーとコミュニケーションがとりやすくなり、生産性向上につながるといわれています。

ステータス管理が簡単にできるので、メンバーの勤怠管理や出欠確認といったマネジメントにも役立ちますね。

ツールによってはゲーム感覚で楽しめたり、大人数のイベントが開催できたりするので、企業によっていろいろな楽しみ方・活用方法が生み出せるのではないでしょうか。

バーチャルオフィスのデメリット

RealWorld
https://pixabay.com/images/id-639115/

一方、バーチャルオフィスのデメリットには以下のことが挙げられます。

  • 有償サービスのためコストがかかる
  • 3D空間でのツール使用をゲーム感覚で楽しみすぎると、作業効率低下につながる
  • 機能を自由自在に扱えるようになるまでに少し時間がかかる
  • ビデオツールの影響で常に監視されている気分になる
  • リモートで使用するツールが増えることで作業の手間が増える

初めてバーチャルオフィスを活用する際は、操作方法に慣れるのに時間がかかり、作業効率の低下につながる可能性もあります。

またツール機能を楽しみ過ぎて、メンバーと雑談ばかりしないように気をつけましょう!

費用はツールによって異なるので、用途と機能しっかり照らし合わせて、費用対効果が高いツールを選ぶことが大切です。

POINT

メリットを生かしてデメリットを排除するには、ある程度の運用ルールが必要不可欠です。

まとめ

VRメガネの女性
https://pixabay.com/images/id-1845517/

PC上でバーチャルオフィスを使用すると、メンバーと一緒に働く感覚が強まるのではないでしょうか。

リモートワークは単独で孤独な作業環境ですが、ツールを上手に使用すれば孤独感とはサヨナラできそうですね!

バーチャルオフィスを使用するかどうかは、各企業や事業主の判断によるため、使いたくても使えない人がいるかもしれません。

ただ、DEMO体験ができたり、無料トライアル期間を設けていたりするので、まずは無料トライアルを試してみるのがおすすめです。

これはうちの会社にぴったりだ!と感じたら、上司に掛け合ってみてはいかがでしょうか。

– SHARE –

About the Author

MaiTanH
+ posts

ドイツ在住フリーランスマルチワーカーです。

ライター・ディレクター・チームリーダー・オーナー。

セールスチーム運営やコール業務、ネットショップ運営など幅広く活動しています。