You are currently viewing 一人暮らしのリモートワークで感じる不安・ストレス解決法をご提案!

一人暮らしのリモートワークで感じる不安・ストレス解決法をご提案!

リモートワークが普及していくにつれ、自宅で仕事をすることにさまざまな不安を抱える人が増加しつつあります。

特に一人暮らしだと、頼れるのは自分だけ……。

仕事の進め方や人間関係において「これが最善の方法なのかな?」と悩むことも多いでしょう。

今回はそんなときに試してほしい不安・ストレスを解消する方法を提案していきます!

一人暮らしのリモートワークは不安を感じやすい

勉強をする女性
https://pixabay.com/images/id-849822/

リモートワークの中でも在宅勤務を行う場合、出社業務とは違い一人で業務を行うことがほとんどです。

特に一人暮らしの方は家の中に家族もいないので、業務中もプライベートも完全に一人の状態

人と関わらないからこそ気楽に仕事できるメリットはありますが、逆に頼れる人が近くにいない不安もあります。

その不安の多くはコミュニケーション不足によるもの。そして責任感が強い人ほど悩んでしまう傾向にあるのもリモートワーク特有の問題です。

一人暮らしのリモートワーカーが特に不安に思っている例をいくつか挙げてみます。

仕事面での不安

ガラスのテーブルに置いたノートPC
https://pixabay.com/images/id-1846056/

一人暮らしのリモートワーカーが抱く不安の一つが仕事のことです。

自分が仕事をきちんとこなせているかも不安だし、上司からの評価も気になる……。分からないところを質問したいけれどすぐに聞くことができない……。

これらの不安について詳しく深掘りしていきましょう!

仕事の進捗がわかりづらい

グラフを表示
https://pixabay.com/images/id-767776/

リモートワークだと自分の仕事がどのくらい順調に進んでいるのか、明確に知る術がありません。

特に一人で仕事をしていると他の人と比較することもなかなか難しいでしょう。

またリモートワークは業務のプロセスが見えづらいので、上司の評価は成果主義になりやすい傾向です。

頑張っている姿を上司に見てもらえることもなく、モチベーションが上がりにくいのが正直なところではないでしょうか。

もしも業務の進みが悪くて上司に「仕事をサボっている」と思われていたらどうしよう……。

そんな不安に駆られることもしばしばあるでしょう。

納期をあらかじめ把握しているなら、自分でスケジュールを組んで着実にこなしていくこと。そしてこまめに進捗報告を上司にすることで、サボっている疑惑は回避できそうです。

POINT

進捗報告をこまめにすると、業務のミスにも気付いてもらえます!

仕事の連携が取りづらい

スマホに打ち込む
https://pixabay.com/images/id-586266/

リモートワークだと聞きたいことがすぐに質問できないデメリットがあります。

電話やメールで質問しても返事待ちのタイムロスが生まれ、その間は手が止まってしまいます。そのため気軽に質問や相談するのを躊躇してしまうのです。

だからといって自分で考えて判断して業務を進めていても、本当にこれでいいのかな?合っているのかな?と不安になることも……。

一人暮らしの場合は近くに相談する人もいないので、さらに悩みを抱えこみやすくなってしまいます。

また自己判断を繰り返すことによって方向性がずれてしまう可能性もあるので注意が必要です。

孤独との戦い

窓から外を見る
https://pixabay.com/images/id-1081788/

一人暮らしで在宅勤務を行っていると、日中はほぼ出かけることがなくなります。仕事が終わればもちろん自由時間ですが、自宅にいるのであえて出かけようと思わないかもしれません。

そうなると一日中誰にも会わないこともしょっちゅうあるでしょう。時間とともに孤独感が増していきます。

一人でいることが好きな人はさほど気にならないかもしれませんが、そうでない人にとってはまさに孤独との戦いです。

人と会う・話すことがほぼない

スタートアップミーティング
https://pixabay.com/images/id-593341/

オフィスに出勤すれば上司・部下・同僚など一緒に仕事する仲間がいるので、必ず誰かとコミュニケーションをとることができます。

ですがリモートワークだとメールやチャットのやり取りで完結することが多く、あえて会話する必要がありません。

つまりオンライン会議や電話での業務連絡がない限り、誰とも会わず、話さずに一日が終わっていくこともあるのです。

一人暮らしのリモートワーカーは仕事が終わった後もずっと一人。ほとんど人と話さないので、テレビに向かって独り言……なんて方もいるかもしれませんね。もはや孤独感とともに生活している状態です。

誰かと話すことがストレス発散にもなるので、それができない生活が続くとどんどんストレスが溜まっていくでしょう。

引きこもりがちになってストレスが溜まる

リモートワークだと外に出る機会が必要最低限になりがちです。職場=自宅だと通勤がないので常に家にいて、在宅の時間が増えます。

通勤があれば外を歩くことがありますが、完全に自宅にこもりがちになると運動不足にもなってしまいますね。

また一人きりの狭い空間に長くいると気持ちが閉鎖的になり、ネガティブな感情が生まれやすくなるのです。

その状態が継続するうちに、知らない間にストレスが溜まっている可能性もあるでしょう。

POINT

孤独の「常態化」によって、自分の心身の変化が見えにくくなります。

REMO-zine流!不安・ストレス解消法をご提案

https://pixabay.com/images/id-1209008/

一人暮らしのリモートワーカーが陥りやすい不安・ストレスは、少しの工夫で改善していきます。

不安・ストレス解消法をREMO-zineライターが経験をもとに解説します!

躊躇わずに相談する

部下への教育
https://pixabay.com/images/id-1209640/

自分一人で判断することで責任がのしかかり、責任感が強ければ強い人ほど、より大きな不安に駆られます。

そんなときは躊躇わず、上司に相談を投げかけることがおすすめです。相談することで仕事の方向性が間違っていないか確認することができます。

とはいえ闇雲に質問攻めをするだけでは上司の大切な時間を奪ってしまいます。そんなときは質問の仕方を工夫してみましょう。

上司がYes or Noで答えられるように投げかけることでレスポンスが格段に早くなりますし、自身の不安も解消することができます。

悪い例:この資料はどうやって作れば良いですか?

この聞き方だと答えを上司に求めているので、考える時間を取らせてしまう上に、レスポンスにも時間がかかります。

良い例:昨年のデータを元に資料を作成しようと思うのですがよろしいですか?

これなら上司もYes or Noで答えられるのでレスポンスの短縮にもなりますし、方向性の確認もできて不安解消!

少しの工夫で仕事の連携が格段に取りやすくなりますね。

POINT

質問ではなく、自分の考えを「確認」してもらうイメージ!

人と話す機会を作る

https://pixabay.com/images/id-1851114/

人と会う頻度がぐんと減るリモートワーカー。

一人暮らしだと家族もいないので誰とも話さないことが当たり前になってしまいます。

誰かと話すことでストレス解消になることもあるので人と話す機会を積極的に作っていくのもいいですね。

友達と休憩がてらランチやお茶に出かけたり、家族に会いに実家に帰ってみたり……。

もし直接会えなくても、リモートでランチや飲み会をしたり、電話で誰かと一日の出来事を話すだけでも全然違います!

意識的に人と話すきっかけを作ってみると、溜まったストレスが発散できてリフレッシュできますよ。

一人暮らしの自宅を快適な環境にする

ソファと青いクッション
https://pixabay.com/images/id-2569325/

自宅で過ごす時間がほとんどならば、思い切って自宅を快適な環境にアップデートするのもおすすめです。

ハワイが好きなら部屋をハワイっぽく模様替えしてみたり、アロマで癒される環境にしてみたり……。

一人で仕事する際にモチベーションが上がるものを取り入れてみると、不安な気持ちが和らぎますよ。

太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びる
https://pixabay.com/images/id-591576/

一人暮らしのリモートワークで家にこもりがちになるとネガティブな思考に陥りやすくなります。

そんな時は太陽の光を浴びながら深呼吸してみるだけでも気持ちが明るくなるでしょう。窓を開けて部屋の空気を入れ替えることで、悪い流れもリセットされます。

リモートワークが増えたことによるビタミンDの不足が懸念されていますが、これは日光不足が原因ともいわれているのです。

程よく太陽の光を浴びることでストレスの解消にも繋がりますよ。

不安・ストレスフリーで快適なリモートワークを目指そう

オレンジ色のコーヒーカップ
https://pixabay.com/images/id-1280537/

一人暮らしのリモートワーカーは仕事面でも人間関係でもさまざまな不安やストレスを抱えやすい状態です。

不安やストレスが蓄積すると体調やメンタル面にも悪影響を及ぼす可能性があります。ちょっとの不安やストレスを放置せず、対処していくことが大切ですよ。

また仕事の温度感が伝わりづらいオンラインでも、こまめにコミュニケーションを取るうちに連携しやすくなります。

報告・連絡・相談の内容をレスポンスしやすい形にひと工夫するだけでも、業務が円滑に進んでいくはずです。

リモートワークならではのメリットを生かしながら、快適な空間で仕事ができるのが一番の理想ですね。

不安・ストレスフリーを目指して、これらの解消法を試してみてはいかがでしょうか。

– SHARE –

About the Author

neco
+ posts

REMO-zineライター。