You are currently viewing リモートワークのおやつ10選|現役リモートワーカーが愛してやまないおやつとその理由をご紹介

リモートワークのおやつ10選|現役リモートワーカーが愛してやまないおやつとその理由をご紹介

リモートワーク中に間食をする人は近年増加傾向にあります。

出社時と違い、まわりの目が気にせず好きなおやつを思う存分食べられるのが、大きな理由のひとつでしょう。

そこで今回はリモートワークに最適なおやつ10選を、目的別に発表します!

リモートワークに最適なおやつとは

クッキー
https://pixabay.com/images/id-2345439/

リモートワーク中に最適なおやつには共通項があります。

  • 片手でも食べられる
  • ぽろぽろこぼれない
  • 手があまり汚れない

このようにリモートワーク中のおやつは作業の合間、または作業しながらパパッと済ませられるものが好まれます。

特に片手で食べやすいものは理想的でしょう。

こぼれやすいものや手が汚れてしまうものだと、パソコンや仕事の書類が汚れてしまう可能性があります。

作業の合間には食べづらそうだな……と思うおやつは、おいしく食べるためにも一旦休憩して食べるのがおすすめです。

今回はなるべく簡単に食べられるおやつをピックアップしました!

いつでも食べられる!片手でラクチンおやつ

カップのお菓子
https://pixabay.com/images/id-279523/

リモートワーク中のおやつは、なるべく食べやすい形のものを選びましょう。

片手でおやつ、片手でマウス……。「お行儀」は一旦忘れませんか?

スティック型のお菓子

スティック状のお菓子
https://pixabay.com/images/id-2202102/

片手で食べられる王道おやつといえば、スティック型のお菓子です。

プリッツのようなしょっぱい系からポッキーのような甘いお菓子まで、種類豊富なのが嬉しいところ。

スティック型なので簡単に食べることができ、ぽろぽろこぼれにくいのが特徴です。

ただし油分の多いお菓子だと、手が汚れてしまうことはあります。とはいえ……片手で食べられるので汚れるのも片手のみです(むしろ数本の指だけです)。

おしぼりやティッシュでささっと拭いてしまえばすぐに仕事を開始できますよ!

せんべい・クッキー

チョコチップクッキー
https://pixabay.com/images/id-4902717/

せんべいクッキーも片手で食べられます。特におすすめなのが個包装されているもの!

包装をうまく利用すれば、手をほとんど汚すことなくせんべいやクッキーが食べられます。

また市販品はいろいろな味があるので飽きることもありません。選ぶ楽しみも味わえます!

個包装なら日持ちもしますし、買いだめして気分に合わせておやつを楽しむこともできますね。

チョコレート

チョコのお菓子
https://pixabay.com/images/id-693645/

チョコレートはひと口サイズのものや個包装のものがいいでしょう。パクッと手軽に食べられますし、糖分補給にもぴったりです。

板チョコのように少し食べづらそうな形のものは、作業の合間には避けた方が無難です。

チョコレートや甘いおやつ全般にいえることですが、糖分をいきなり摂取すると血糖値が急上昇します。

高い血糖値が急激に下がることで眠気を誘発します。リモートワーク中に眠気は大敵ですね!

甘いものや糖分の多いおやつを食べるときは、食べる順序や時間に気をつけましょう。

CHECK

チョコはPCから離して置きましょう。熱で溶けます。

カロリーが気になる人必見!ヘルシーおやつ

お腹周りをメジャーで測る
https://pixabay.com/images/id-2354/

おやつを楽しみたいけれどカロリーが気になる……。

そんな方におすすめのおやつを紹介します。

ナッツ

アーモンド
https://pixabay.com/images/id-1768792/

ナッツはダイエット中の間食にも推奨されているヘルシーおやつの代表です。

食物繊維や良質な油分が含まれており、小腹が空いたときに最適。カリッとした食感でかみごたえもあり、満腹感が得やすいのも特徴です。

ナッツはひと口サイズなので食べやすく、手が汚れづらいのでリモートワーク中にも手軽に食べられますよ。

とはいえ油分が多いので食べ過ぎには注意です!

アーモンドなら1日20粒程度、くるみなら1日10粒程度がいいでしょう。アーモンド10粒・くるみ5粒など組み合わせてもいいですね。

チーズ

チーズ
https://pixabay.com/images/id-3463368/

タンパク質カルシウムが含まれているチーズも、ダイエット中のおやつにおすすめです。

程よい塩気があるので満足しやすく、ぽろぽろこぼれることがほぼありません。デスクまわりを汚すリスクも少ないのが嬉しいですね。

プロセスチーズやカマンベールチーズなどは個包装でも売られています。

ナッツ同様に食べ過ぎると塩分過多につながりますので、他のおやつと組み合わせてみてはいかがでしょうか。

するめ

するめはとにかくかみごたえが抜群で満腹感が得やすいおやつです。

においが独特なので、出社時には「食べよう」とさえ思わなかったするめ。リモートワークならにおいを気にすることなく食べられます!

高カロリーなおやつばかり食べてしまって体重・体型が気になる方は、間食をするめに置き換えてみてはいかがでしょうか。

フルーツ

カットフルーツ
https://pixabay.com/images/id-2305192/

ダイエット中には栄養価の高いフルーツもおすすめです。

りんご・桃・梨など皮をむいて食べるものはちょっと手間がかかってしまいます。手軽さを優先するならドライフルーツはいかがでしょうか。

フルーツの程よい甘味がギュッと詰まったドライフルーツは、片手でパクっと食べられますよ。

現役リモートワーカーの私が愛してやまないおやつ

ピンクのマグカップ
https://pixabay.com/images/id-1953964/

リモートワーク歴5年目の私が日頃から食べている愛してやまないおやつを紹介します。

リモートワークで食べるには少々ハードルが高い? と思われがちなおやつでも、食べ方を工夫すればバッチリ!

食べ方のコツとともに紹介しますね。

アイス

チョコアイス
https://pixabay.com/images/id-2987955/

アイスは暑い時期はもちろん、寒い時期もこたつにあたりながら食べるのがおいしい、年中無休のおやつです。

程よい冷たさが頭をシャキッとさせてくれるので、リモートワークでリフレッシュしたいときによく食べています。

ちなみにアイスは棒アイス推奨です。ファミリーパックで何本も入っているタイプのものは手軽で食べやすいですよ。

ただ、アイスの難点は手がベタベタしやすいところ!

それを解決するにはアイスの個包装の袋をうまく利用しましょう。

  • ①アイスの持ち手と反対側の袋を開けます。
  • ②袋と棒を一緒に持って食べる

こうすることでアイスの棒を直接持たなくていいので手はベタベタしません。またアイスが溶けてポタポタたれてしまっても、袋がキャッチしてくれるので問題なし。

包装をうまく使えない場合は、たれ落ちるアイスをキャッチしてくれるグッズもあります。これも手が汚れないのでおすすめですよ!

POINT

袋を使って汚れを防ぐ……他のお菓子にも応用できそうですね!

干し芋

ちょっと渋めのおやつですが干し芋もリモートワーク中に最適なおやつです。

片手で食べられる&こぼれにくい&手がほぼ汚れない、の3項目を全てクリアしています。

形もスティック型のものや平たいタイプの食べやすいものなどさまざまです(ちなみに私はスティック派です!)。

自分の食べやすいものを選ぶのがいいでしょう。

芋類は食物繊維もたっぷりなので腹持ちもとても良いです。

お腹が空いて仕事に集中できないときは干し芋でエネルギーチャージをしてみてはいかがでしょうか。

シュークリーム

シュークリーム
https://pixabay.com/images/id-4125872/

リモートワーク中にシュークリームを食べるのは正直かなり難易度が高めです。

ですが私はシュークリームを愛してやまないので、週に1度は必ずリモートワークのお供にしています。

シュークリームは適当に片手で食べようとすると、中のクリームがむにゅーっと出てきてしまいます。

仕事中に食べて、もしもパソコンや資料がクリームで汚れてしまったら……。そう思ってちょっと避けがちなおやつではないでしょうか。

でも実は……シュークリームの中身が出づらい食べ方があるんです!

シュークリームを逆さまにして、ドーム型の部分を下にして食べるだけでクリームがこぼれづらくなります。

コンビニで売られているような一般的なシュークリームなら、この方法が有効ですよ!

これならリモートワーク中に片手でシュークリームを食べても汚れにくいので大丈夫ですね。

リモートワークの合間にシュークリームを食べる際は、ぜひ取り入れてみてください。

スイーツタイムでリモートワークに癒しを

スイーツを食べながら仕事
https://pixabay.com/images/id-3317007/

今回紹介したのは仕事の合間にパパッと手軽に楽しめるおやつばかりです。

定番のおやつからちょっとマニアックなものまでさまざまですが、1番は自分の好きなものを食べること!

食べづらいものも、工夫次第で取り入れることが可能です。

人目を気にすることなくおやつタイムを満喫できるのがリモートワークの醍醐味でもあります。

仕事のリフレッシュの一環として、おやつを食べる時間を癒しのひとときにしてみてはいかがでしょうか。

飲み物にもぜひこだわってくださいね!

– SHARE –

About the Author

neco
+ posts

REMO-zineライター。