You are currently viewing リモートワークが楽だって?!楽な点・大変な点を現役リモートワーカーが徹底解説

リモートワークが楽だって?!楽な点・大変な点を現役リモートワーカーが徹底解説

「リモートワークは本当に楽なの?」

リモートワークについての様々なウワサが飛び交う中、これからリモートワークを始める方にとって「リモートワークは楽か否か」は今後を左右する重要なテーマです。

実際、どうなのかというと……。

リモートワークは会社に出社せず、自宅で仕事を行うので精神的にも肉体的にも負担が少なくなります。そのため、結論から言うとリモートワークはとてもです!

もちろん大変な所もありますが、それを差し引いてもメリットの方が大きいと感じています。

今回は現役リモートワーカーである私がリモートワークの楽な点・大変な点をそれぞれ解説していきます。

リモートワークの楽な点

モノクロのホームオフィス
https://pixabay.com/images/id-932926/

リモートワークは自宅が職場になるので、ある程度時間の融通が利きやすくなります。また居心地の良い自宅で仕事をするため精神的にも楽だと感じる場面が多いです。

では具体的にどんな面でメリットがあるのでしょうか。実際に「楽だな〜」と思う点を挙げてみましょう。

通勤に時間がかからない

ラッシュアワー
https://pixabay.com/images/id-843309/

会社勤めだと満員電車に30分揺られながら出社する人もいれば、自家用車で1時間かけて出社する人もいます。密を避けて自転車通勤する人も増えたかもしれませんね。

たとえ会社が家の近くでも、出社するには通勤時間が必ずかかります。

一方リモートワークは「職場=家」なので出社する必要がありません。今まで通勤時間にかかっていた時間をまるごと節約することができるのです。

出社がなくなれば当然満員電車の苦痛や渋滞のイライラに悩まされることもなくなります。それに定期代やガソリン代も節約できますね!

浮いた時間を使って早めに仕事をスタートできますし、自宅ですからちゃちゃっと家事なんかもできちゃいます。

特にフリーランスのリモートワーカーだと仕事の時間を自由に決められるので、さらに時間を有効に使えますね。

人間関係などのストレスが少ない

通勤風景
https://pixabay.com/images/id-1209316/

リモートワークは人と会う頻度を減らすことができます。

新型コロナウイルスをはじめとする感染症対策としても有効ですが、人と会わずに仕事をすることによる最大のメリットは人間関係の摩擦によるストレスの低減。

仕事をする際に周りの目を気にしなくてもいいのは非常に気持ちが楽です。

上司からのプレッシャーやあまり(かなり)参加したくない飲み会の誘いもリモートワークならほぼありません。

もちろん全く人と関わらないわけではなく、メールやWeb会議などで社員同士がコミュニケーションを取ることはあります。

個人的には、対面ミーティングよりもWeb会議の方が効率よく話が進むように感じます。

限られた時間で会議を終わらせるために最小限のコミュニケーションでコンパクトに進むミーティング。時間だけでなく精神的にかなり楽だと感じるのではないでしょうか。

服装やメイクを気にしなくても良い

ワードローブ
https://pixabay.com/images/id-5961193/

自宅で仕事をするので変な話、パジャマや部屋着でも全くバレません。服装やメイクはなんでもOK です。

ただWeb会議の時は映像に映ってしまうので上半身だけ着替えて……なんてことはあります。

着替えないとピシッと仕事モードに切り替えられない人にはあまりおすすめできません。とことん楽をしたい人にとっては大きなメリットです!

ATTENTION

下半身パジャマでうっかり立ち上がってしまわないようにご注意を!

リモートワークの大変な点

ノートパソコンを操作する人
https://pixabay.com/images/id-791029/

リモートワークには楽な点ばかりではなく、大変な点もあります。

そもそも生活をするための自宅と仕事をするための会社では環境が違うので、どうしても「仕事のやりにくさ」は出てきてしまうのです。

自宅で仕事をする上で「大変だ」と思う点やデメリットを挙げてみましょう。

インターネット環境など通信設備が整っていない

白で統一したガジェット
https://pixabay.com/images/id-2303851/

リモートワークではPCやスマートフォンを使用して業務を実施することがほとんどです。

そのためWi-Fiや光回線などの通信環境が整っていないとWeb会議の映像が止まってしまったり、通話がとぎれとぎれになったりして会議が中断することもあります。

またインターネット回線の調子が良くないと扱えるデータ量が限られ、業務に影響が出ることもあるでしょう。

改善策としてはインターネット環境の見直しやPC・付属ツールなどを新調することです。

快適な仕事環境を整えるために、ある程度初期投資が必要なのもリモートワークのデメリットですね。

家族がいると仕事に集中しづらい

リビングのソファ
https://pixabay.com/images/id-2569325/

一人暮らしの人は自宅でリモートワークをすると当然自分一人しか家にいません。集中するにはモッテコイの環境でしょう。

ですが家族と一緒に生活している人は、職場に家族がいるわけです。そのため家族の生活リズムに左右されて集中できないことがあります。

Web会議中に子どもが乱入してきたり、旦那さんから「おーい」と呼ばれたり……。

自宅だと仕事とプライベートの区別が周囲から見えにくいため、「自宅で仕事をしている」ことを家族に理解してもらう必要があります。

また家族が生活する自宅ではリラックスしすぎてついダラダラしてしまい、仕事に集中できない人も中にはいるかもしれません。

これは仕事専用の部屋を作ることである程度改善されます。

家族には「仕事中は絶対に部屋に入らない!」というルールを伝えておけば、仕事に集中しやすくなるでしょう。

間取りの関係で仕事専用の部屋が作れない方は、家族と過ごす時間と仕事の時間をキッチリ分けてメリハリをつけることが大切です。

「◯時〜◯時までは仕事!」と決めて家族に宣言・共有しておくことで自身のスケジュール管理もしやすくなります。

自宅でも仕事に集中できる環境を整えるために、手が届く範囲から少しずつ工夫していきましょう。

CHECK

リモートワークは家族の協力が不可欠です。

コミュニケーションが取りづらい

スタートアップミーティング
https://pixabay.com/images/id-594090/

Web会議のように画面を通したコミュニケーション、文章のみのメールやチャット。実は自分の考えが間違って伝わる、あるいは相手の考えが理解しにくいことがあります。

オンラインだとお互いの温度感が伝わりにくいからです。

表情は画面越しでもある程度分かりますが、実際に会って話す方が何十倍もコミュニケーションが円滑に進みます。

人と会わずに済むのはリモートワークのメリットであり、同時にデメリットにもなり得ることを知っておきましょう。

現役リモートワーカーが実際に感じているメリット・デメリット

スマホを確認
https://pixabay.com/images/id-620822/

私は以前、会社に勤めていましたが、2020年の新型コロナウイルスの流行をきっかけにリモートワークに転向しました。

実際にリモートワークを開始して、まずは往復1時間かかっていた通勤時間がなくなりました。浮いた時間を家事に費やすことができたのは大きなメリットです。

家族と一緒に生活しているので、仕事に集中できないことは時折あります。

間取りの関係で仕事専用の部屋を作るのも難しいので、家族の帰宅時間までに必ず仕事を終わらせるように管理しています。

オンオフのメリハリをつけるようになってからは効率良く作業できるようになりました。

リモートワークによる1番大きな変化は、時間を大切にするようになったことです。

仕事の稼働時間を自分で決めることができるので、タスクリストを作成して仕事と家事の両立がうまくできるように工夫しています。

出社していた頃は家に帰ってくると疲れてぐったり……。正直、家事はかなり疎かでした。

リモートワークに切り替えてからはそういったことが少なくなり、気持ちにもだいぶ余裕ができました。

リモートワークはこんな人にぴったり

ペンタブ操作
https://pixabay.com/images/id-2838921/

以下に該当する人はリモートワークに向いています!

  • 時間を有効に使いたい人
  • 自宅で仕事をしたい人
  • 自己管理ができる人

時間を有効に使いたい人の最大のメリットは、通勤時間削減でしょう。リモートワークで通勤時間を無くし、その時間を仕事に充てられます。

それによって作業効率も上がりますし、フリーランスの場合は収入アップにも繋がりますね。

また通勤が無くなることで肉体的にも精神的にもかなり楽になります。

自宅で仕事したいと考えている子育て・介護中の方も、隙間時間の活用ができればリモートワークが可能です。

特にフリーランスの場合は稼働時間に縛られないので、自分のスケジュールを調整しながら業務を進めることができます。

リモートワークは与えられた仕事を誰の管理も監視もない中でこなしていかなければなりません。そのため自己管理ができることも大切ですね。

逆にいえば、会社と違って上司に業務を管理されないので気持ちはとても楽!

自己管理するのは大変……と感じるかもしれませんが、その日やらなければいけない業務をタスクリストにまとめることで仕事が捗りやすく、管理もしやすくなりますよ。

CHECK

タスク管理ツールや手書きのタスクリストまで、選ぶのもちょっと楽しい!

最後に

https://pixabay.com/images/id-849825/

リモートワークには楽な点・大変な点がそれぞれあります、総合的に見ると楽な所が多いです。

大変な点があっても、ちょっとした工夫によって改善・解決できるものがほとんどです。

リモートワークに移行したいと考えている方は、楽な点を最大限に活かしながら是非挑戦してみてください!

– SHARE –

About the Author

neco
+ posts

REMO-zineライター。